事業内容

2018年11月12日
「私立大学の振興に関する協議会(拡大)」の開催報告について

 日本私立大学団体連合会では、私立大学が抱える諸課題や私立大学の役割とその振興方策について理解を得るため、平成29年3月に文教行政に造詣の深い国会議員の方々をメンバーとする「私立大学の振興に関する協議会」を発足しました。
 このたび、平成31年度の私立大学関係政府予算並びに税制改正に係る私立大学側の要望実現に向け、同協議会メンバーをはじめ広く文教関係国会議員の方々に拡大して、先般11月12日(於:ザ・キャピトルホテル東急)に標記協議会(拡大)を開催しました。
 当日は、柴山昌彦文部科学大臣をはじめ歴代の文部科学大臣、副大臣及び大臣政務官の経験者と自由民主党の文部科学部会長経験者や文教関係国会議員等とを合わせて60人(代理を含む)のご出席をいただき、私立大学側は当連合会の役員等関係者8人が参加しました。
 同協議会では、鎌田 薫会長(早稲田大学前総長)の主催者あいさつ、来賓として河村建夫衆議院議員(元文部科学大臣)及び塩谷 立衆議院議員(元文部科学大臣)とともに柴山文部科学大臣からごあいさついただき、その後「私立大学の現状と平成31年度私立大学関係政府予算・税制改正要望」について、公財政改革委員会委員長の長谷山彰副会長(慶應義塾長)から説明があり、同政府予算・税制改正要望の実現に向けて意見交換を行いました。当日の配付資料については、下記をご参照願います。